ビジネスにおいても生きていくにも「情報」が命

これからはというかここ10年は本当に、ビジネスにおいて、というよりもはや生きていくには情報が命ですよね。
私はもう、資本主義が終わりを迎え情報主義にさえなるのではないかというくらい大事だと思っています。

ITって言葉をインターネット・テクノロジーだと思っている人が結構いるんですが、これ違うんですよね。
うちの母なんて、IT企業ってインターネットに強いんでしょう?くらいにしか知りません・・・笑

ITとは、「Information Technology」の頭文字をとった単語です。
パソコンやスマートフォンなどの情報技術の総称を意味してるんですよ。
パソコン、インターネットを表すだけでなくセキュリティや情報処理なども含み広義的な意味で使われる言葉なんですね。

今学生であるような若い世代は、SNSやそのSNS上のハッシュタグ(#)を使って、私達世代(30代以降)の多くの人よりも、遥かに多くの情報を簡単に仕入れていますよ。
政界が気にする世論の半数以上がそういったメディアに上がってくる声なのは周知の事実ですよね。

 

ありがたい事に私はその「情報」が、毎昼入ってくる環境(オンライン上のグループ)に身を置いているのですが、実社会ではきっと数週間前までは一番情報が入ってくる街が西新宿でしたね。
歩けば金脈にぶち当たるくらい。というかもう湧き出ているくらいでした(笑)

私も過去、20代前半の頃は散々、足繁く通った街(あの有名なLOVEの置いているビルへ)ですが、今もなおそうなんだなぁと感じてました。

でもここにきての、緊急事態宣言。

 

この街でわさわさ活動していたあの人達はどこにいくのかな?とふと考えました。
きっと、オンライン界に本格的に足を踏み入れるんでしょうね。

 

というか、お金って何でしょうね?
私が考える「お金」は「B事項」です。

B事項とは、フランクリン・プランナーの有名な「7つの習慣」の、第三の習慣のことで、重要事項を優先する(最優先事項を優先する)のことです。

上の表を見ると、私たちの普段の活動・行動がいかに緊急という基準で行動しているかがわかると思います。
しかし、私たちにとって、本当に重要な活動は「緊急ではないが重要な」第Ⅱ領域活動=B事項にあります。

A事項(第Ⅰ領域)にある『締め切り直前のタスク』といった活動は、B事項(第Ⅱ領域)にある『周到な準備と計画』を怠った結果なんですよね。

 

お金というのは、単なるツールですよね。
何かを成す為の「先立つもの」

これを用意しておくためにするのが、ビジネスだと思っています。
ということは仕事はA事項。

なので、このB事項(お金)をしっかりしておくことで、緊急かつ重要なことに追われなくて済むようになるんですよね。

 

なんてシンプルなものに、私達は振り回されているんでしょうね・・・

人は誰しも0から、いやマイナスの状態から、自分が進んでいくべき方向に向かって進んでいく。または、道を成し遂げる時期があるんですよね。
だからこそ、ずっとアンテナを立て続けておく必要があるんです。

私も数年間ずっとアンテナを立て続けていましたし、今もそうです。
過去に色んなビジネスに手を出し、泣きを見たことも何度もあります。
それこそ借り入れをしてまで、将来の不安を消すために学びをしていたこともあります。

それこそ、Webのスクールへ入ったときだって、月に15万円のサラリーマンをしながら、ローンを払いながら基礎を学び身につけ、新入社員として少ないお金(この時は20万)を頂きながら先輩のスキルを学び、真似び、数年間やっていました。

運勢のいい時期と、大きなお金が入ってくる時期は違うのかもしれませんね。
と今日のゆきこさんの配信でも書いてありましたが「諦めないで継続すること」は本当に重要なことです。

というか成功者と呼ばれる人は必ずといっていいほど、この「継続力」を持っていて、大量行動をしてきた過去があります。

 

人生において重要なことは

  1. 時期を見る
  2. 熟考する
  3. パートナー選び

運気のいい時期は、人生の立て直しをしている時期。
将来の基盤をつくる、試練の時なのかもしれないですね。

このコロナショックは、強制的に万人が「人生の立て直し」を迫られているのでしょうか。
環境を整え、己を知るための。
また、親として試されている時期なのかなと今日は感じることもありました。

アフターコロナで起きるであろう事象を考えると、本当に時代が変わるんだなと痛感せざるを得ないですよね。そうなってから準備では遅い。

衣食住か娯楽か、また他の何かなのか。
道を探るのは今。

世界のメンタルが疲れてる今、心地良さや柔らかさを感じれる接点が必要なんだと教わりました。正に、地球事、人類事にシフトしていくんでしょうか。

感染したソフトだけを隔離するのではなく、PC全体のデバッグが必要であるようなそんな事象ですよね。

今まで努力してきた人は乗り越える力も付いてる。
けれど、これまで安定でやってきた人たちの多くも個の事業に流れてくるかなと考えます。
そんな中で生き延びるために、情報はやはり取っておくことをおすすめします。

何年も情報を取り続けていても、昔までの私のように行動力が伴わないと、気づいてからでは間に合わなくなりますよ。

まずは自分のテリトリー、守っていきましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる