ブラウザとはインターネットを活用するために必要なもの

クライアントさんとの打ち合わせで、よく聞かれる専門用語のひとつブラウザ。

通勤中などの外出や、今では家の中に居たって、手軽にインターネットを楽しめるスマホ。ランチのお店の予約にネットショッピング、SNSやWebサイトの閲覧など、今や私たちの生活に無くてはならない必需品ですよね。

そのインターネットを活用するために必要なのが「ブラウザ」です。
普段何気なく使っていても「ブラウザっていったい何?」と聞かれる機会がとても多いので今回は記事にしました。

目次

ブラウザとは

WEBサイトを閲覧するために使うソフトのこと。
いま、あなたがこのページを見ているソフト(Internet Explorer,Google Chrome,Safari,Firefoxなど)がこの「ブラウザ」に当たります。

もとになる英単語は「閲覧する」という動詞のbrowse。
その名詞形であるbrowserが閲覧ソフトという意味になり、ブラウザと呼ばれています。

「スマホやパソコンに自分では入れた覚えはないんだけど・・・」という方もいるかもしれませんが、パソコンやスマホには最初からブラウザが入っており、多くの方はこれを使ってインターネットが見ることが出来ているというわけです。

ブラウザにはWebサイトを閲覧する以外にもできることがたくさんあります。

たとえば、お気に入りのサイトを登録しておくことができる「ブックマーク」。
よく訪れるWebサイトをブックマーク(お気に入り)登録しておくことで、そのWebサイトのURLを毎回入力せずに簡単にアクセスすることができるようになります。

ブラウザの種類

ブラウザとしては、「Internet Explorer(IE)」「Microsoft Edge」「Google Chrome」「Safari」「Firefox」「Opera」などが有名です。

Windowsパソコンをお使いの方は、標準で入っているマイクロソフト社の「Internet Explorer(IE)」や「Microsoft Edge」などおなじみのブラウザ以外に、「Chrome」や「Firefox」といったブラウザをダウンロードして使用している方も多いと思います。

スマホの場合も、iPhoneの場合は「Safari」、Androidの「ブラウザ」「Google Chrome」など標準搭載されているブラウザ以外にも、別のブラウザをストアからダウンロードして使用できます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる